「うるさい」楽天モバイルのCMが不快に感じる。かなりの不評UN-LIMIT2.0とは

楽天モバイル【CM不評】楽天モバイル

2020年4月より大手キャリア入りし、
次世代型の定額料金プラン
【Rakuten UN‐LIMIT2.0/楽天アンリミット】
のサービスを開始した楽天モバイルですが、
2020年7月17日から放映中のCMが
「うるさい」・・・ビックリする
「うざい」・・・耳障り・・

などとTwitterでたたかれて「不評」らしいです。

炎上寸前?楽天モバイルアンリミットCMがかなりの不評

問題となっているCMのイメージキャラクターを務めている方は
大、大、大女優の米倉涼子さんです。

日本人なら誰でも知ってますよね?
そうです、「ワタシ・・シッパイしないアルネ」の人です

その米倉さんがイメージキャラクターを務める楽天モバイルの新サービス
楽天アンリミットの宣伝CMが炎上寸前の不評だと言われています。

というのが・・CMの最初と最後に聞こえる『ラァークテンモバァーイル』と言うセリフ??おたけび??叫び声??なんと表現すればいいか分かりませんが、とりあえず「うるさくて耳障り」との意見が多く、私自身初めてCMを聞いた時には少し呆気にとられたと言いますか、ビックリしました。

まぁそれだけの「インパクト」があったという事で製作者側の狙いとおりの反響なのでしょう。(笑) 米倉さん程の好感度がなかったらアウトだったでしょうけどね。

ちなみに、最後のツイートはツボでした。
パクらせて頂きます。

と言う感じで、なにかと話題を集めている楽天モバイルのアンリミットプランですが、本記事で書いているように様々な不評もある中で、やはり月額2980円(税別)で通話し放題・データ通信し放題という「これまでにない」革新的なサービスは利用者にとってかなりのメリットがあり、どのキャリアサービスのプランと比較しても満足度の高い「料金設定」と「サービス内容」になっていることは間違い無いと断言できる新プランです。

楽天モバイルのアンリミットについて

ここからは、楽天モバイルの新プラン【Rakuten UN‐LIMIT2.0/楽天アンリミット】の関連記事を紹介していきます。

月額料金2980円で通話とデータ通信が使い放題、し放題の次世代型の革新的サービスを開始した楽天モバイルですが、これまでの定額従量制の料金プランと比較するとかなり「お得」で格安料金なのは間違いないです。

ただ、やはりメリットがあればデメリットもあるモノで、この「楽天モバイルUN-LIMIT/アンリミット」にもいくつかのデメリットがあります。

そこで、以前書いた「楽天アンリミット関連」の記事をいくつか貼り付けておきますので興味のある方は覗いてみてください。
少しでも参考になればいいなと思っています。

楽天モバイルUN-LIMIT2.0(アンリミット)記事紹介

この記事では、楽天モバイル【アンリミット2.0】の料金体系やプラン内容について詳しく解説していて、これまでの定額従量制の料金プランとの比較、そもそも定額従量制って何??的なことも書いています。


こちらの記事では、楽天モバイル「アンリミット」の回線エリア外でのデータ通信に関して解説していて、主な内容としては、楽天モバイルの「アンリミット」は回線基地局の数が少なく、楽天回線エリアが限られています。
そこでパートナー回線として、KDDI/auの通信網を使い楽天モバイル回線基地局の設置が行き渡るまでの間はパートナー回線で対応すると言う体制をとっているのですが。その際の注意事項・メリット・デメリット、パートナー回線での検証などを分かりやすくまとめている記事となっています。


この記事では、楽天モバイル【UN-LIMIT2.0/アンリミット】のデザリング機能について解説しています。 デザリング機能とはスマホ端末を利用してパソコン(PC)やゲーム機、その他通信機器などをインターネットに接続してデータ通信を行う機能の事で【ポケットWi-Fi】と同様に考えて頂ければわかりやすいと思います。


楽天モバイル【アンリミット】では、その他の大手キャリア回線とは少し違った通信方法(バンド)を使っていて、対応している機種(スマホ端末)が限られています。 この記事では今現在、楽天モバイルが公式に動作の保証をしているAQUOS製品の機種、端末の情報をまとめて紹介しています。


他社キャリア、格安SIMから楽天モバイル(アンリミット)にお乗換え【MNP】をご検討中の方向けに書かれた解説記事となります。
乗換え【MNP】時の注意点や各キャリア、格安SIM業者からの移行手続きの手順紹介などを詳しくまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました