【楽天モバイル/アンリミット】のデザリングでWi-Fiいらず?家計にやさしい節約術

楽天アンリミットのデザリング楽天モバイル

あなたの毎月の通信費はおいくら万円??
わたしは楽天アンリミットで¥3278円です。
毎月の携帯代+固定回線
(インターネット回線など)で
月額¥1.5万円以上を当たり前に
支払ってきたバカみたいな時代は
終わりに向かっているんです。
今日は、年間20万円支払っていた
通信費が¥39,336ですんじゃう!!

【楽天モバイル/アンリミット】のデザリングでWi-Fiいらず?家計にやさしい節約術

あなたは携帯代やその他通信費で、月額いくらお金を払っていますか?一般的に、ひとり身の独身世帯ならキャリア契約・格安SIM契約、どちらにしてもスマホ代に5000円~8000円の使用料を払い、YouTubeやその他の動画配信サービスを利用している方は、スマホ料金とは別に固定回線(インターネット)やポケットWi-Fiなどを別で契約し合計すると毎月1万円以上のお金を通信費に使っていると思います。

◇1 スマホの基本料金
(かけ放題・通話し放題・5分~10分間通話無料
◇2 パケット定額料金
(2GB・3GB・5GB・20GB~無制限GB)
◇3 その他オプション使用料
(デザリング・割込通話機能・動画配信サービス)

上記三つは現時点のスマホ業界(キャリア・格安SIM)の料金体系の例です。料金設定や細かなサービスに多少の違いはありますが、ほとんどの業者はこの※1~3 の項目を組みあわせていく定額従量制システムとなっています。もし、契約内容がデータ通信上限 5GBのプランだとすれば、月半ばで5GBを使い切ってしまうと通信制限が掛かってしまうことになります。

あなたは課金しますか?

あなたなら『データチャージしますか?』『低速通信で我慢しますか?』ほとんどの人が課金選択をすると思います。データ通信は生活の中で絶対に欠かせないモノだからです。
LINE・instagram・Twitter・Facebookそして『ググる』なんて言葉をよく耳にしますが、そのインターネットに接続してグーグルで検索を掛けることも全てデータ通信によって行われています。
気づけば定額通信料にさらに課金され、高額な請求になったという人もいるでしょう。
そこで、固定回線(光など)を契約したり、ポケットWi-Fiを契約したりと、通信費用が増えていくわけです。

わたしは今現在、毎月の通信費が¥3,278円です。

2020年5月から、わたくしの総合通信料は3,278円になりました。
実際は2021年の5月までは0円なんですけどね。なぜ0円かという話しは
この記事の下のほうで紹介していきます。

前述しましたが、つい最近まで私の月額の通信料は約15,000円だったのですが5月から
3,278円になりました。
 以前まで使っていたキャリアから楽天モバイル/アンリミット(UN-LIMIT2.0)に乗換え固定回線も解約したからです。楽天モバイルでは楽天UN-LIMIT2.0と言う新サービスを展開しこれまでに無い革新的なプランを格安の料金体系で提供しています。楽天アンリミットは、『通話料と通信料は別』という常識をくつがえし、一つの端末・一つのプランで『かけ放題、通話し放題、データ通信し放題』というサービスを月額3,278円のコミコミ価格で使えるのです。

スマホ端末のデザリング機能をご存じですか?

『デザリング』という機能をご存じですか?
私は今現在楽天アンリミットのデザリング機能を使い、YouTube動画を流しながらこの記事を書いています。デザリング機能とは、スマホ端末をWi-Fiのルーターとして使いスマホ回線を経由してパソコンやゲーム機などをインターネットに接続させる機能のことです。
すこし前までは、自宅に固定回線(光)やパケットWi-Fiなどを使用して、パソコンやゲーム機などをインターネットに繋げるのが主流でしたが、最近ではスマートフォンやiPhoneのデザリング機能を使ってインターネットを楽しむという人も増えてきました。一見、便利そうなデザリング機能にはメリットだけじゃなくデメリットもあります。

デザリング機能のメリットとデメリット

デザリング機能のメリット
・固定回線(光)やポケットWi-Fiなどを契約しなくてもいい
・外出先でも、スマホ端末一つあればパソコンやゲーム機でネットが楽しめる。
・毎月の出費が抑えられる。

デザリング機能のデメリット
・固定回線(光)やポケットWi-Fiに比べると通信速度が少し遅い
・スマホ端末のデータ容量を使用するため、使いすぎると制限が掛かる。
・制限解除のために課金してしまい高額になってしまう事もある。

このように従来のスマホ業界の料金体系では、
高額になってしまうという デメリットがありました。

通話料金+通信料金??そんな時代はおわりますよ。

これまでのスマホ業界の常識として通話料金+通信料金+各オプション
別々に選んで自分にあったプランを組み合わせるという
定額従量制システムになっているという話しを前述しました。
ここではその話を更に詳しく書いていきます

分かりづらい、これまでの定額従量制プラン

従来の定額従量制プランは【通話料金+通信料金+各オプション】=¥10.320円といった 一つの回線にいくつものプラン・オプションを組み合わせた形の料金体系となります。また、それに対してはいくつかの使用制限や上限があり、自分に合ったプランの組み合せを間違えると通話料金が加算され高額になってしまったり速度制限が掛かってしまうとSNSLINE・Twitter・instagramや動画再生を行うYouTube・Hulu・U-NEXT)などの配信が円滑に再生ができないということになってしまいます。
※人によってはデータチャージを繰り返し、課金料金が上乗せされて高額に・・

楽天アンリミットUN-LIMIT2.0のたった一つの定額プラン  

今回、楽天モバイルが提供する通信サービスは楽天回線エリア内であれば基本使用料¥2,980円で高速データ通信が無制限・通話かけ放題※楽天アンリミット専用アプリ(Rakuten Link使用時)という料金の安さ・分かりやすさ・使いやすさの三つのやすさを含んだ利用者目線の格安プランです。

楽天モバイル/UN-LIMITのメリット・デメリット

楽天アンリミット (Rakuten UN-LIMIT2.0)6つのメリット

・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0回線エリアならデータ通信し放題※エリア外ではパートナー回線に自動切換え
・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0回線エリアならスマホ端末からのデザリング機能が上限無しで使い放題
 ※オプションの申請手続き必要なし 
・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0回線エリア外でも楽天パートナー回線で通信可能 | 通信制限時でも1Mbpsの速度が出るから安心
楽天パートナー回線時はデータ通信容量上限あり(5㎇/月)
・楽天アンリミット専用アプリ(Rakuten Linkをスマホに入れて使えば、通話かけ放題・通話し放題・SMSも使い放題です!
・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0なら月額2,980円(税抜き)だから格安スマホ並の料金で大手キャリア以上のサービス。
・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0なら契約期間の縛りがない、もちろん契約解除料金もありません。

楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT2.0)5つのデメリット

・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0回線エリア外ではデータ通信に制限あり※楽天パートナー回線時5㎇/月
・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0回線エリア外の地域がある※楽天エリア外では楽天パートナー回線
・楽天パートナー回線(KDDI/au)データ通信容量に上限あり(5㎇/月)
・楽天アンリミット専用アプリ(Rakuten Link以外での通話、SMSは使用料が発生します。(30秒/20円)
・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0が公式発表している対応製品以外のスマホ端末では動作の保証がされていません。
◇以上がRakuten UN-LIMIT2.0のメリットとデメリットになります。

もっと知りたいという方は⇒こちらのブログでも書いていますので参考にしてください。

300万人限定で365日間0円で使い放題

今だけ【300万人限定】楽天モバイルUN-LIMITアンリミットが1年間無料で使える新規契約キャンペーン実施中

・楽天アンリミットUN-LIMIT2.0回線エリア内ならでデータ容量を気にせずで使い放題
・楽天アンリミット専用アプリ(Rakuten Link)からの通話・SMSも料金気にせずで使い放題
そんな革新的な新プランが300万人限定キャンペーンとして契約月からの1年間の基本使用料が無料で使えます
※契約事務手数料3,300円

 楽天アンリミットUN-LIMIT2.0では最大18,000円分の楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンも実施中

・楽天アンリミットの対象製品(端末)購入で最大15,000円分のスーパーポイントを還元!
・友人紹介キャンペーンご利用で、紹介者様に(3,000)紹介された方にも(2,000)円分の楽天スーパーポイントを還元!
※上記のポイント還元キャンペーンにはいくつかの手順があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました