au WALLETが決済機能を追加、新名称「au PAY」へ

auWALLETが「au Pay」と名称変更KDDI/au

この記事はauが提供しているキャッシュレス決済(旧au WALLET)サービス名称の変更とau携帯ユーザー以外でも使えるようになったau Payサービス、新機能『コード決済』について解説しています。

au WALLETが決済機能を追加、新名称「au PAY」へ

いきなりですが、auユーザーなら誰でも‼ユーザーじゃなくてもほとんどの方が知っている。

キャッシュレス決済サービス「au WAELLET」が新しくなりました。

新名称は「au Pay」そして新たに開始したサービスは二つ‼

① au携帯ユーザー以外でも使えるようになりました。

② 新機能・スマホ決済(au Payコード決済)です。

以前までのau Pay(旧WALLET)サービスでは、同auが提供するWALLETプリペイドカードが無いと、決済サービスの利用ができませんでした。

au Payコード決済の導入により、スマホひとつで提携先での決済が可能となりました。

この記事は下記の様な流れで解説しています
・旧 au WALLETとは?au Payとの違い
・旧au WALLET『au PAY』のチャージ方法
・au Payを使用する為に必要なモノ
・新au Payまとめ

と言う流れで解説していきます。

詳しく知りたい方向けの記事紹介もしていきますので参考にしてみてください。

旧 au WALLETとは?au Payとの違い

ここでは『au Pay』の特徴、サービス内容を解説する前に
「旧au WALLET」のサービス内容やau Payとの違いを、おさらいしていきます。

おさらいが必要ないという方は次の解説までお進みください。

現在auPayとして広く知られているKDDI/auが提供しているスマホ決済サービス(キャッシュレス)ですが、その前身となるauWALLETのサービス内容は二つです。

① au Pay(旧WALLET)カード ※クレジット機能付き
こちらは同社が発行するクレジット機能付きの au Pay(WALLET)カードです。

・買い物やau料金の支払いなどその他クレジットカードと同様に様々な用途で使用することができる『後払い式』のカード決済(キャッシュレス)となります。

・こちらのカードを利用してau Pay残高へのチャージが可能です。
※チャージ方法の説明は別記事で行っています。

※こちらのカードを利用するメリットは決済時のポイントがauポイントとして還元され、通信料金支払い時にもらえるポイントと合算されるという事です。

ポイントは、一気にまとめて使うのが賢い使い方だと考えている私にはメリットがあります。

②au Pay(旧WALLET)カード ※プリペイド機能

・こちらも同auが発行する au Pay(WALLET)カードなのですが前述した
au Payクレジットカードとの違いは『前払い式』と言う点で、au Payアプリ
への事前の残高チャージをしていただく必要があります。

※プリペイドカードを利用するためには事前の残高チャージが必要となり、チャージした残高以上の決済「後払いは」できないという事です。

チャージ方法は後ほど解説していきます。

『auPay』と「au WALLET」の違い

違いは大きく分けて2つです。

旧au WALLETと『au Pay』の違い

①決済時の手軽さ(スマホひとつでOK)
旧auWALLETサービスでは,決済時にキャッシュレス機能を利用するためには、同auが発行する「WALLETプリペイドカード」の提示が必要でした。

今回のau PAY「コード決済」の導入により、スマホさえあれば決済ができるという「お財布ケータイ」的な機能が追加され決済方法がより一層、お手軽になったという事です。

②au Payは誰でも利用でるようになった
旧au WALLETは、au回線の会員向けサービスとしてauユーザーしか利用できないというデメリットがありました。

今回のau Pay「コード決済」サービス導入、名称変更によりキャリアフリー化、だれでもau Payサービスが利用できるようになりました。

※Payコード決済利用は事前の残高チャージが必要となります。
※au回線ユーザー以外のチャージ方法にはいくつかの注意点があります。

auスマホユーザー以外でも利用できます。


繰り返しますが、旧au WALLETは『au Pay』となり、新機能「コード決済」を導入しキャリアフリー化しました。 

キャリアフリーについて
以前までの旧au WALLETサービスでは、au回線の契約者しか利用できないというデメリットがありましたが、今回のau Payサービスへの名称変更・機能追加によりau回線の契約者以外でも利用できるようになりました。 

ただし、au回線の契約者以外の方は一部のかんたん決済(チャージ)が使えません。

※auかんたん決済の機能「通信料金合算支払い」はauユーザー限定のサービスです。

旧au WALLET『au PAY』のチャージ方法

ここでは上記では解説できなかった、旧au WALLET『au PAY』のプリペイド残高へのチャージ方法について解説していきます。

au Pay残高チャージの方法はいくつかあります。

その方法は大きくわけて次の④つです。

①au通信料合算支払いによるチャージ

au通信料合算支払いとは、au回線の毎月のお支払金額と合算して支払う事ができる『auかんたん決済サービス』機能の一つです。
※au回線の契約者しか利用できません。
※かんたん決済を利用してau Pay残高へのチャージが可能です。

②auじぶん銀行口座の預金残高からチャージ

au じぶん銀行の口座をお持ちの方は預金額からの
残高チャージが可能です。

③auPay(旧au WALLET)クレジットカードからのチャージ

クレジット機能を使いau Payプリペイド残高へのチャージができます。
※au Payポイントがダブルで溜まるというメリットがあります。

④au Payポイントを利用してチャージ


auのポイントを利用してau Pay残高へのチャージが可能です。
※ポイントからのチャージは回数制限が有り「1回/月」となります。
※au Pay残高チャージは1P=1円となります。
※ポイントによる残高チャージは100P単位での利用が可能です。

以上の4つが主なおすすめのチャージ方法となります。

au Payへのチャージ方法は前述した3つ以外にも多数ありますが、この記事以外で詳しく書いていますので、そちらの記事の紹介リンクを貼っておきます。

☆auPay利用はPayアプリが必須、申し込みから設定方法 

auのスマホ回線月額料金プランについて知りたい方へ

この記事で解説しているau Payのキャッシュレス決済サービスは
『だれでも利用できます』
au回線契約者以外でも利用できるau Payサービスですが、
ユーザーの方がお得に使うことができます。

au回線ユーザーの利点
・毎回のチャージでauかんたん決済サービスを利用できます。
・毎月の携帯料金支払い時に溜まるポイントが残高チャージに使えます。

乗換え(MNP)をご検討されている方はこちらの記事も参考にしてみてください。

au関連記事

au Payを使用する為に必要なモノ

ここでは au Payを利用するために必要なモノを解説していきます。

まず、何度も繰り返しですが『au Pay』とはKDDI/auが提供しているキャッシュレスサービスです。

そして旧au WALLETの後継となるサービスが『au Pay』です。

au Payを利用するにあたって必要なモノは以下のとおりです。

① au ID 
au IDは以前の旧au WALLETの時点では契約者のみが取得できるネットワーク上の識別番号でしたが、今回のau Payサービスの開始により『誰でも取得できる』モノになりました。

②au Pay残高にチャージするための提携サービス
au Payを利用するためにはau Pay電子マネー残高のチャージを事前に行う必要があります。
※チャージ方法や提携(おすすめ)サービスは前述しています。

③ au Payアプリ
au PAYアプリとは、同社が提供するau Payサービスを利用するにあたって必須となるスマホ向けのau Pay専用アプリです。
※設定、残高の確認、チャージ、その他機能を一括で管理できます。

④ au Payの申し込みが必要です
当たり前ですが、仮にau Pay専用のアプリをインストールしたからと言ってすぐにau Payサービスが利用できるという事は『ありません』
※au Payが提供するサービスを利用する為には申し込みが必要です。

今回、この記事では申込、設定、その他サービスとの連携、と言った説明はしませんが、別の記事で詳しく説明していきますのでもし良ければ覗いていってください。

新 au Payまとめ

この記事のまとめ

① au WALLETがau Payにかわりました。
※決済機能の拡張『au Payコード決済払い』が可能となりました。

② au Payは『誰でも利用できます』
※au回線契約が無くても、au IDさ取得していれば利用可能です。

③au Pay『コード決済』はau Payアプリが必須です。
※決済時のコード表示、読み取り時にはアプリ起動が必要です。

④ au Payサービスを利用する為には申込み~設定が必要です。
※申込み、設定に関しての解説は別記事でおこなっております。
『au Pay 関連記事の紹介』でご覧ください。

おわりに

終りに・・・最後までご覧くださりありがとうございます。なるべく分かりやすく、簡潔にまとめたつもりではありますが、まだまだ言葉足らず(文章足らず)だったり、逆に混合してしまっていたり、と読みにくく理解しづらい記事となっていたら申し訳ありません。今後も記事更新を行っていきますので機会がありましたら又お会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました